2011年03月04日

第2回 第一部 現代の東京郊外の街

マダラ
【 第一部  現代の東京近郊の街 】

サクヤが見つけた勇者は東京近郊に住む高校生、神代斑 です。
元剣道部員で、剣の腕前はたいしたものなのですが、今は パンクロッカーなどやっております。
幼なじみの すばる に付き合わされて お化け屋敷の探索に行くところから、マダラ としての戦いが始まります。

斑の遠い親戚にあたる すばる も特別の力を持っていて、そのために ミロク帝に捕われてしまいます。

自宅〜お化け屋敷〜町外れの神社

事の発端
新聞部の部長である すばる にボディーガードを頼まれ、お化け屋敷の探索にでかけます。
その屋敷は すばる のご先祖が建てたものということです。

2人の初期ステータスは、どちらもLv.3です。すばるのほうが防御が高くMPも多いのですが、魔法は覚えてないので、いまはHPだけ 気をつけましょう。
屋敷に入ると、いきなり かいぶつにおそわれます。
すばるによると、古文書にあった モウキという化け物だそうです。

お化け屋敷での出現モウキ  ムグラ、モウケン、ワウム、
              BOSS ビショウガウ(HP150 MP70)

ふたりの戦闘方法は、最初はキックだけです。屋敷の2階に 破れよろいとさびたけんがあります。それを装備したら、剣で攻撃です。きずぐすりもいくつかあるので、そのまま地下室まで、一気に調べても大丈夫なくらいです。ワウムがけっこう強いので、たくさん出たら、逃げます。

2階には、本棚がたくさんあって、ハクタク、マダラ、キリンの日記があります。
一通り、読んでおきましょう。
すばる と 神代斑 の先祖は、どうやらこのマダラとキリンの子孫のようです。

奥の寝室に黒の鍵がありました。
この鍵で 地下室にはいれるはず。

地下室の奥に蛾のようなモウキがいます。
最初のボスなので どうってことありません。
なぞのペンダントを落としていきます。

さらに、先に進むと、奇妙な感じのする部屋にでます。
!マダラとキリンと名のる不思議な存在が現れて、ミロク帝と戦う時がきたと告げる。
2階の本棚にある日記を読み、サクヤひめを探して、その指示に従えと言い残すと消えてしまいました。異世界でまた出会い、ともに戦おうとも言ってました。

自宅に帰り着くと すばるが マダラとキリンについて 明日調べにいこうと言う。
そのほうが安全だからとペンダントを預けて、帰っていきます。
ミロク帝の手先は この街に まだいるのでしょうか?



posted by chon at 16:02| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 ゲームの概要

1993年、KONAMIから発売されたスーパーファミコンのゲーム
「魍魎戦記 MADARA 2」 のプレイ日記です。


2 とあるからには、1 もあるのでしょうが、よくわかりません。

オーソドックスなRPGですが、独特の雰囲気が大好きです。
古代中国か、大和の国かと思うような世界を冒険します。
まだら、すばる、かおす、かげおう、ばさら、きりん、さくやなどのネーミングも好みなのよねえ。
キャラデザが 田島昭宇さん。
この人の絵も好きなんですよ。 眼つきのするどさと色使いが好きですねえ。
中古ゲーム屋さんでよくみかけるので、興味のある方 やってみられるといいですよ。
戦闘がオート(?)なので、それが嫌という人もいました。
オートでも指示もできるので、私は やり易かったです。
第1回目 という事で、簡単なゲーム紹介です。
主人公  神代 斑 (かみしろ はん)      
斑は まだらとも読みますよね。      
初期ステータスに パンクロッカーとある。(笑
なまえははじめに好きなようにつけれます。

かんたんに、ゲームシステムを。
★通常時コマンド  
装備、能力、隊形、アイテム、魔法、警告セット、設定  
     
警告セットはここでセットしたHPを下回った時に警告とともに オートバトルが 停まって、アイテムや魔法の使用を指示できるシステムです。
設定では、操作キーを好きなように変えれます。倍速移動はYボタンの方がやりやすいかも。

★戦闘時コマンド  
開始、魔法、アイテム、目標、逃げる、警告セット

警告セットは戦闘時こそ助かります。30%くらいが適当かな?
「開始」するまで戦闘は始まらないので中ボス、ボス戦など目標を指示したりできます。 出会った敵がやっかいな奴だったりしたら、「逃げる」もいいですね。
「開始」すれば、後はオートで戦闘が始まります。ザコ戦では、ほとんどボタンにさわらなくていいです。 何かのボタンにさわると、そこで戦闘がとまるので、そこいらあたりが他のRPGゲームと勝手が違うとこかな。他のゲームでボタンを連打するくせのある人には、ここが嫌な点なんでしょうね。

★セーブポイント 
ゲーム開始時は、自宅のベッドの中。異世界に行ってからは、宿屋です。


〜こんな感じで始まります〜

遥か昔より、ミロク、マダラ、サクヤの三者によって繰り返される輪廻の宿命。 今、また輪廻は動きだした。 ミロクがその力を増し、世界を破壊せんがため、胎動しはじめたのだ。 ミロクの力を抑えていたサクヤも消耗し限界にきていた。 だがミロクを倒すマダラが現れることを サクヤは知っていた。 マダラを覚醒させる鍵をみつけたサクヤは 時空をこえて主人公の元へ 心を飛ばす・・・ 


※参考資料
2013031117110000.jpg


にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村
posted by chon at 15:46| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。