2011年03月21日

第3回 街外れの神社

[ 街外れの神社 ]

翌日、すばる は迎えに来ない。
神社のほうに行ってみると、橋のたもとで すばる が待っている。昨日まで、工事していた橋が通れるようになっている。
さっそく、2人で神社へと向かう。
すばる の話によると、神社には、おじいちゃんの古文書があるはずだという。
鳥居の前で、すばる に神社に剣を持って行っては失礼になるので、置いて行くように言われるが、持っていくことにした。またモウキに襲われるかもしれない。
神社の建物のなかには、やはり いた。
ムラショウキという奴だ。斑の持っているペンダントをみて、ペンダントの秘密を、ぺらぺらとしゃべってくれる。自分が探し出したものとビショウガウが持っていたもの、すばる が持っていたもの3つが揃うと、異世界への扉が開くのだそうだ。
と、その時 すばる がカコジエンというモウキに変身する。というより、カコジエンが すばる になりすましていたのだ。
戦いが 始まる。レベル4では、ちときついが きずぐすりがあれば、なんとか勝てる。
お化け屋敷で レベル5くらいにしておけば 楽勝だと思う。

すばる は、ミロク帝復活のために 異世界に連れ去られたようだ。

モウキが落としていったペンダントを拾い上げると、3つのペンダントは、共鳴しあい サクヤひめが姿をあらわす。
すばる を救うためにも、異世界に行って、仲間となる勇者たちを探し出さなければならないことを、説明される。それほど、ミロクの力は 強大なのか。

サクヤとともに 異世界へと旅立つ途中、またもや 復活しつつあるミロクにより、サクヤとはなればなれになってしまう。

そして、斑は・・・





posted by chon at 11:42| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。