2013年03月24日

第21回 ビビーシ王都へ

港町チーシャの長老にもらった通行証を持って、言われたとおり、西の半島にあるビビーシ王都にむかいました。
関所の門が開いています。
不思議に思って、進むと、女王ビビーシと名乗る女の人が侍女とともに走ってきて、助けてくれという。モウキに襲われて逃げてきたらしい。

かみしろ「わかった。オレにまかせて、早く逃げろ。」
セイシンジャ「オレって、お前 オレ様のことを、わすれてないか?」
ハクタク「おぬし ワシのことを、わすれておるぞ。」
この人たちいつもこんな調子です。

おそってきたモウキは、ハイドラ(HP3500、MP1300、EXP3024、20ゼニー)1体だけです。

かみしろ「ふう、いがいに手ごわかったな。でも、女王も逃げれたみたいだし、いいことしたな、うんうん。」
セイシンジャ「なに、えらそうなこと言ってんだよ。まったく。」

女王は、北のほうへ逃げて行ったので、北の洞窟へ行ってみましたが、出てくるモウキがちょっと手ごわいので、後回し(また?)にして、王都のほうへ戻ってみました。
ビビーシ王国は、穏やかな礼儀正しい人びとの住んでる町です。
王宮に行くと、あれれ?女王様、いらっしゃるじゃありませんか。
はて?

(2005/08/11記)

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


posted by chon at 22:27| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。