2013年04月15日

第24回 グメイヤ聖都

グメイヤ聖都へ

ビビーシ王都に戻る途中に、ちょっとメーガンダ王のところに寄ってみました。
関所は、チーシャの長老がくれた通行証を見せたら通れましたが、王は、戦さの準備で忙しいと会ってくれませんでした。ここには後で来いという事なんでしょう。

ビビーシ王都にもどって、女王にマダラ王の一件を伝えると、すぐにマダラ王救出へ出向くという。
ここは、自分達にまかせろと、ハクタク(だったと思う)が言う。
では、南のキシュキの村から船でグメイヤに渡るようにと、女王は「特使の証」をくれました。

ビビーシ王都の南の山道を抜けるとすぐ、キシュキの村です。宿屋と雑貨屋があるだけの思いっきり小さな村です。船着き場にいるおじさんに話しかけて、『特使の証」を見せてグメイヤへ行ってもらいます。

島国グメイヤのはずれの小さな村、アガンの村に着きました。
ここも、キシュキに負けず劣らずのうらぶれた村です。船着き場もありません。(えっ、ひょっとして帰れない?!ハクタクのカンライフの呪文があるから問題ないけどね。)
宿屋、雑貨屋、治療所があります。雑貨屋では、「きんのかぶとむし」が売られています。これは、敵を、のろくするけっこう使いでのあるものなので、数個買いました。

小島をつなぐ橋を渡って、グメイヤ聖都に行きます。
ここは、中央に大きな寺院があって、この寺院が、政治の中心でもあるようです。
寺院の中には一般人は入れないので、寺院の警護兵に志願することにしました。
武器屋にけっこう強い武器があります。
雑貨屋にも装備アイテムがあります。
このあたりで、出現するモウキは、いままでと同じモウキです。
ゼニーをたくさん持ってるモウキなので、嬉しい。

さて、警護兵になるためのテストですが、ゾウモウというモウキと戦います。
? モウキを手なずけたといううわさは、本当だったのか?

ゾウモウ HP 5400 MP 1800 EXP 4000 530ゼニー
まあ、なんなく倒せました。

と、出てきたのは ジャト!!!
あわてて、顔を下に向けるかみしろ達。

ジャト「いいわよ、いいわよ、あんたたち。なかなかつよかったじゃないの。」「あら、どうしちゃったの?みんなで、下むいちゃって。なにか、おちてるのかしら?」「まあ、いいわ。これが、せんしのあかしよ。がんばって、寺院をまもってちょうだいね。」

ジャトがこんなんで騙されるとは、ちょっと無理のある展開だけど、ま、いいか。
見事、「せんしのあかし」を手に入れました。
これで、寺院の中に入れます。

(2005/08/17記)

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


posted by chon at 14:04| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

第23回 マダラ王

マダラ王に会いに行きました。

通行料さえ払えば、王宮の中にもはいれます。怪しい。

やはり、マダラ王は偽物でした。
マダラ王に成りすましているモウキはヒョウテンギリンといいます。

強いです。掌妙勁がききません。一撃で500ポイントくらいHP減っちゃうので、全滅です。もう少し、レベル上げてきます。
ε=ε=ε=(;^0^)/

それに、マダラ王都にはろくな武器防具がない。
ビビーシ王都で、そこそこ良い武器防具を買ってこよう。

レベル33まであげました。でもお金はたまりません。
しかたないので、これでやってみる事にします。

戦闘の前にハクタクにアシュラフ(味方の攻撃力アップ)とエンカイフ(味方の防御力あっぷ)とゴウリキフ(受けるダメージを減らす)を全員にかけてもらいます。
再度、挑戦。
フヨウはホンバクメツジュ(水の魔法、大ダメージ)を唱えてもらいます。これは、ききますねえ。さっきとは、大違い。
わりと、かんたんに倒せました。

ヒョウテンギリン HP 12000、MP 1500、
         EXP 12000、4200ゼニー

ヒョウテンギリンを倒すと、奥から大臣のサンラアが出てくる。

マダラ王は侵入してきたモウキにさらわれたという。
モウキたちは南のグメイヤ国の武器防具を装備していたそうだ。
グメイヤ国に連れて行かれただろうマダラ王を救い出してほしいと頼まれる。行くしかないですよ。

いったん、ビビーシ王都に戻って、報告することにしました。


(2005/08/14記)

にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


posted by chon at 21:21| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

第22回 ビビーシ女王の話

ビビーシ女王の話

助けてもらったお礼をしたいと言う女王に、ミロク帝の情報が欲しいと言うかみしろ。

「では、あなたが、父から聴かされていた勇者様なのですね。」
知ってるんだ。
父親からミロクのいる世界への鍵となる石板をあずかっているそうだ。
しかし、その石板は、王宮の奥深くに隠され固く門が閉ざされているという。
その門には、3つの鍵がつけられ、3つの鍵はそれぞれ3人の子どもに渡されたそうだ。
女王は、自分の持つ「るりいろの鍵」をかみしろに託す。

ところが、残りの2つの鍵を持つマダラとメーガンダの2人の兄が戦争をはじめそうな状況になっているらしい。
マダラのところに行って、戦争をやめさせてほしいと頼まれる。

どっちにしても鍵をもらいに行かなければならない。
マダラ王のところに出かけることにする。


その前にビビーシ王都の北の洞窟が気になる。
やっぱり、調べてみることにした。

洞窟のモウキは強いが、こまめに回復して行けば、全滅するほどではない。
奥にはイカズチのイシがあっただけで、なにもない。

出現モウキ
        HP    MP   EXP    ゼニー
ガラウ    1800 1200 2800  205
ドハソウ   2100      2800  173
ショウミイ  1500 1200 2584   30
ネンギョ   2540      2376   20
ハイドラ   3500 1300 3024   20

でも、これで、???のアイテムが3つ。
マカラのイシ
イカズチのイシ
ライジンのツノ
なんのためのアイテムだったっけ?忘れちゃってる。
2500ゼニーで売れるけど、説明に???とあるのでとっておくことにする。
たしか後ではゲットできないアイテムだったと思う。


マダラ王都は、一番東にある半島だ。
関所の番人は通行証より、お金を要求する。
マダラ王のやり方だそうだ。
マダラ王は、いったい、どうしてしまったのだろう?
ビビーシはやさしい兄さんと言っていたが・・・

(2005/08/11記)


にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村



posted by chon at 07:20| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。