2013年06月15日

第27回 廃墟の宮殿

ゲームは、どんどん進んでいるんですが、書くのが遅くって。

あれから、どうしたかを、簡単に書くと、
マダラ王を仲間にして、メーガンダの王都の南の廃墟の宮殿に行きました。
ビビーシ、マダラ、メーガンダにもらった鍵で中に入れました。
今までより少し複雑な城内をおくに進むとそこに白の石板がありました。

ランクァ国の国王が選んだ勇者に石板をさずけると言って、白虎も力を貸してくれます。
白の石板を戦闘で使うと敵をマヒさせる効果があります。
石板は、宿に泊まるとまた使えるようになります。

つぎの石板を探しにどっちに行こうかな。ヤワトに行くか、ファースィーに行くか。

ファースィーのモウキは、そんなに強くなかったから、そちらから行くことにしました。
ランクァ国から行くと港町ティレに、ロウラン国から行くと港町カルワーンに着きます。
どちらにせよ、まずは、国中を歩き回ってみます。
フィールドで出現するモウキは、
         
         HP    MP     EXP    ゼニー
ギュウメンキ   900       1800  134
リクウンサイ  1800       2176  155
ゾウガン     900  930  2176  120
ダクスイエキシ  800  850  1984   30
ガデラ     1000       1984   30

といったところです。ほとんど1撃で倒せます。
この国は、王都のほかに魔法学院のある学園都市、砂漠のオアシス、キャラバンでにぎわっていた町などがあります。かみしろが最初に異世界から落ちてきた、コーサラ国の西に広がる国です。
王様は宗教に夢中で実権は、法王のダハーカがにぎっています。
王妃も王子も王女も頼りないというか、おバカですね。
僧侶たちの中には、ダハーカを良く思わぬ者もいるようです。
魔法学院では、政治のことは無頓着な専門ばかが揃っています。

話は、ティレの南、王都の西にあるユールの村に行かないと進みません。

こんな小さな村なのに、武器屋の品揃えがすごい!
ミョウオウの剣、ナーガのつるぎ ともに 30000ゼニー
ドルバのよろい、バルナのよろい  買えません。レベルが足りません。
かろうじて、おうごんのかぶと 4500ゼニーが買えました。

きょうは、ここまでです。

(2005/08/30記)



posted by chon at 09:32| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

第26回 マダラ王を仲間に

前回書いたように、フヨウに代わってもらって、マダラ王を仲間にしました。


ビビーシ王都についてみると女王は一足さきにメーガンダ王都に行っているもよう。
すぐに、あとを追いかけます。
メーガンダ王都で、兄弟3人が集合します。
誤解もとけて、マダラ、メーガンダからそれぞれ鍵をもらい、いよいよ、先代の王が隠した石板を探しにメーガンダ王都の南にある廃墟となった王宮へと出発です。


posted by chon at 17:45| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

第25回 とらわれのマダラ王

グメイヤ聖都マダラ王

ジャトの眼をごまかして、警護兵になった神代たちは、街の中央にある寺院に入れるようになる。
中は簡単な構造で、僧侶たちも礼儀正しい。王の考えがわかりませんと嘆く僧もいる。
奥にすすむと、なにやら話し声が。。。。

ジャト「あんた、いいかげんにユイマン国への鍵をわたしなさいよ。
    どうせ、のこりの2つの鍵も もうすぐ、
    あたしの手に入るんだから。さあ、早くわたすのよ。」

(かみしろ「ん?なにか声がしたぞ。聞き覚えのある声だな。
     それに、あのオカマことば・・・ジャトだな!」)

マダラ王「ことわる。だれが貴様のようなやつにわたすか。」
ジャト「まぁ、かわいくないわねぇ。
    マダラって名前の子には、いい子がいないのよね。
    名前がおなじってだけで、はらが、ふつうの5ばいはたつわよ。
    まったく、もう。」
なぞの聖都の男「おい、こんなヤツ、殺しちまおうぜ。
        オレは、ランクァ国さえ手に入ればそれでいいんだ。」
ジャト「あんたが、よくても あたしが、こまるのよ。
    あら、おちゃの時間じゃないの。
    しょうがないわね。少しの間牢屋につないでおきましょ。」

ジャトとなぞの男が出て行きます。
かくれてた神代たちはマダラ王の所にいってみます。
マダラ王にこれまでのいきさつを簡単に話して、逃げ出すことにしますが、パーティーから、一人はずさなければなりません。セイシンジャ君は回復魔法が使えるし、ハクタクは移動魔法が便利だし、で、フヨウに代わってもらうことにしました。
また、どこかで会いましょといって別れます。

と、ジャトがあわててもどってきました。
ジャトと戦闘か、と思ったらまたしても、別のモウキを呼び寄せます。

セツハコウシというモウキです。
HP 15000、MP 2500、EXP 13000、5000ゼニー

レベル34〜35で、わりとかんたんに倒せました。

謎の男は、グメイヤ、その人でした。グメイヤ聖都の王です。
ジャトにあやつられていたのでした。
ジャトは、れいのごとく、にげてしまいます。

正気に戻ったグメイヤ王にランクァ国まで送ってもらいました。

(上の絵はマダラ王です。)


(2005/08/20記)


posted by chon at 13:55| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。