2013年03月11日

第15回 ホウトンの街〜重要施設「酒場」登場

ジョフクは、どこに?

関所を抜けて、すぐ見える町があります。
砂漠のオアシス、ホウトンの町です。
コーサラから逃げてきた多くの人たちが治療を受けています。
けが人の治療にあたっているゲンエンさんのところに、ラーダがいました。
彼女はけがもひどくなかったようで、いまは、ゲンエンを手伝っている様子です。
恋人シュナの事を正直に伝えます。
それを聞いたラーダは、建物の中に駆け込みますが、やがて気を取り直したらしく、ゲンエンを紹介してくれます。
ゲンエンも町の人もジョフクの事を知っていて、家の場所も教えてくれました。

北のほうに長城があって、長城の西の端の山中の洞窟にすんでいるそうです。
さっそく行ってみます。
洞窟はすぐにみつかりました。
ジョフクに会いました。
ジョフクは、神代たちから、ただならぬものを感じ、話を聞いてくれます。
タタラの名を出すと、わかる限りの事を教えてやろうと言って話だします。

ユイマン国は、地底の彼方にある国で、サクヤ姫という女神が治めている。
ミロク帝の力もおよばぬ国で、そこを、アガルタと呼ぶ者もいる。
しかし、ユイマン国へ行けるのは、5つの石版を集めた えらばれし勇者たちだけだ。
古代ロウランの賢者が 残した言葉だそうだ。

神代が、俺でもいいのか?と訊く。
ジョフクは、おぬしも伝説の勇者のひとりだろうが、ひとりでは、ミロクに勝てない。
世界中をまわって、仲間を探せ、と言います。

ユイマン国の入口は長城の北、ムクリ族の地にあり、最後の石版は長城の北にあり、残りの4つの石版が、長城の南にあるそうです。

さあ、これから4つの石版と仲間探しです。

ホウトンの町の施設   宿屋、治療所、占い屋、雑貨屋、酒場
            
「酒場」は、これから仲間の入れ替えをする重要な施設になります。


このゲームは、地図が出せませんが、そんなに不便は感じません。
その時々で行ける範囲が限られているのと、全滅してもゲームオーバーにならないので、どんどん進んでいけるからだと、思います。
でも、世界全体の図があると、世界観もつかみやすいし、わかりやすいですよね。
取説にでも、載せてほしかったです。

私は、マルカツスーパーファミコンの公式攻略ガイドの地図を見ながら、やっています。


にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村


posted by chon at 17:16| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

第14回 コーサラ王国の滅亡

とうとう、100万本のバラ ステージです。
えんえんと、バラを集めます。100万本!
一日 1万本としても 100日。
う〜ん、集めたら、何かいい事ありそうで、やめられないよー。

あ、ごめんなさい!「みんな大好き塊魂」の話でした。


MADARA2のほうは、・・・

ダキニ天帝の影のようなものが現れて、塔の外に投げ出されたところでしたね。

ミロクの神官   HP 6000 MP 1800 EXP 10000  
         7000ゼニー
         EXP(経験値)は、3人で戦うと3人で分けることに、なります。
         戦闘不能に陥っていてももらえます。

予想どおり、コーサラ国は壊滅、武器ももっといい物を買っておけばよかった。
後悔しても仕方がないので、先に進みます。

王宮と邪神の塔のある谷間とをつなぐ洞窟に逃げてきていたタタラの指示に従い、北の地方にいって、ジョフクという人物を探す事にします。
ジョフクが、ユイマン国へ行く方法を知っているそうです。
また、すばるは、いけにえにされる寸前に ミロクの元から何ものかによって、救い出され、ユイマン国にいるようだと、タタラは言います。
そういえば、この世界に来る時に 離ればなれになってしまったサクヤが、出来ればすばるを探して安全なところにかくまっておくからって言ってたような。
ユイマン国は、ミロクの手の届かない、サクヤ姫が治める国です。
やはり、サクヤが助けてくれたんですね。

ユイマン国へ行くのが冒険の目的になりました。(神代は、あいかわらず、冒険じゃない人探しだって、言うんでしょうね。)

タタラが開いてくれた、別の抜け道を通って一度コーサラ国内にでます。が、街や村は破壊されてしまっています。北の関所をぬけて、世界地図で示せば東に位置するロウラン国へと入りました。関所は神代たちが通り抜けると閉められて、終盤までおとずれることはできません。カンタカ国王も、スバンダ大臣も亡くなった。あのラーダという娘はどうしただろう。複雑な思いで、コーサラを後にしました。

(2005/07/26記)


にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村

posted by chon at 09:39| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

第13回 コーサラ国王の悩み

〜コーサラ国王の悩み〜

探し出した宝剣を、国王に返しに行きました。
ごほうびに1000ゼニーもらいましたが、国王はなにかまだ、頼みたいことがある様子です。

それより、タタラとの約束はどうなったか、気になります。

タタラの話によると、すばるの精神波動が、2カ所から感じられるそうです。
一つは、地底ふかく、伝説に地底世界、ユイマン国から。
ユイマン国は、サクヤ姫が治めている国だそうだ。 
フヨウもユイマンに帰らねばと言っていたよ。
もう一つの波動は、北の邪神の塔から来ているという。北の塔では、ミロクの手下の神官がミロクをダキニ天帝として地上に呼び寄せようとしている。その儀式に関係しているのだろうと言われます。
神代としては、許せません。北の塔の神官をやっつけに行くと言い出します。(やっぱりー。)
ユイマン国への道を調べておいてくれと言って、神官退治にでかけます。

北の塔へは、王宮に北の扉からしか、行けません。
大臣に話すと、ちょうど国王も北の塔の神官の事で心配しているので、力になって欲しいと頼まれます。
ソーマをいっぱい(?)もらって、でかけることにしました。

王宮の北の門から出ると、すぐ洞窟があります。洞窟は一本道。途中で、出現するモウキは、いままでと同じです。
洞窟をぬけると、目の前に、塔があります。
塔にはいると、コーサラ国のモウキ討伐隊がいますが、頼りない隊長さんです。
塔のなかのモウキも、にたようなものだ。
二階の床に血文字が。・・・城下町にいたラーダという恋人にあてたシュナの最後のメッセージです。
塔の最上階につきました。

ミロクの神官一人です。
儀式が終わろうとしていたところです。
神官というだけあって、魔法攻撃力が強い。
サウバの巻物を使って、沈黙させますが、3ターンくらいで、魔法を唱えてきます。
ちょっと、手こずりましたが、白のソーマ(完全回復・復活)があったので、なんとかやっつけました。
が、ひとあしおそかったようです。すばるはダキニ天帝にささげられたと、神官がいまわの際に言う。
そして、呪文をとなえダキニ天帝を呼び寄せる。

ダキニ天帝と思われる影がみえるが、すさまじい振動とともに塔の外に投げ出される神代たち。いったい、何が起こったのでしょう?
ーーーーー
(2005/07/23記)


posted by chon at 10:57| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。