2013年03月02日

第12回 レアムの村

コーサラ国の行ける範囲をくまなく歩きまわっていると、西の国境の砦のところに村があります。レアムの村です。ここでも、みょうな事件がおきています。
このイベントはやらなくてもいいものなのかもしれません。

なんとなく、コーサラ国に戻ったら、つぎの事件に巻き込まれそうなので、先にこちらを片付けておく事にしました。
レアムの村では、若い娘たちが神隠しにあう事件がおきている。
村長に話を聞こうとすると、追い返されてしまう。あやしい。
森のほうへの小道があるので、調べようとすると、娘が一人駆け寄ってきて、森の祠には、女しか行けないのだと言う。でも、祠に行った娘たちが戻って来ないので、調べてと祠の鍵を渡してくれます。
祠にいってみると、娘たち2人が閉じ込められている。2人を逃がして、さらに奥に行くと、まるっこいモウキと娘が1人います。

このモウキは、ゾウムという。HP 940、MP 800、EXP 1984、10ゼニーです。
こちらのレベルが高かったのか、2回ずつ攻撃したら、おわりました。
やはり、もっと早い段階で解決できる事件のようです。
ジャトもでてきませんし。
そうだ、村長さんは、ゾウムに食べられてしまっていたのです。
村人から、お礼に150ゼニー、もらいました。



posted by chon at 22:21| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第11回 ヤムナの村(人魚たちとの交流のある村)

このごろ、更新が遅れがちなのは、塊魂のせいです。
えんえんと、転がし続けております。
まだ、イトコ、ハトコが全部でていません。
40人くらい いるらしい。・・・


さて、MADARAのほうは、
3人パーティーになったのはいいけれど、お金がなかなかたまりません。
戦闘をくりかえしているうちに、お金はたまらないけど、レベルは確実にテンポよくあがって、フィールドのモウキは、ほぼ一撃でたおせるようになりました。

南の橋でつながれた小島にあるヤムナの村にむかいます。
宿屋と治療所しかない小さな漁村ですが、人魚たちと交流を持つ村です。

村長は、よくばりなお調子もので、タタラがくれた王様の命令書を見ると、沈没船にあった宝について情報をくれます。モウキのおどされて、宝物を探索してくれた人魚たちをピンチに陥れちゃってるんですが。
村長に頼まれ、海亀の背に乗って、人魚の国に行きます。

人魚の国では、女王様がモウキに連れて行かれたと、さわぎになっています。
女王が連れて行かれた洞窟の入口にヒクウネンというモウキが見張りをしていますが、難なく倒して奥へ行きました。
またもや、ジャトです。
ジャトが背の高い西洋人みたいなアンダカというモウキとともに、人魚の女王を問いつめています。神代たちを見ると、またジャトはさっさと出て行ってしまいます。いったい、ジャトってなんなんでしょう?

ともかく、アンダカをやっつけないと。
けっこう、攻撃力あります。さっき、賢者のほこらで教えてもらった掌妙勁のシャオロンをつかってみる。かなり、ききますね。
なんとか、アンダカを倒しました。
女王の話によると、ジャトは、ユイマン国の入口を探しているのだそうだ。
やはり、フヨウも勇者の仲間として力になる人物のようです。
ただ ここ人魚の国とユイマン国は、関係なさそうです。

無事、宝剣も戻って(女王が隠しておいてくれた)、コーサラ王都へ帰ることにしました。
タタラは、すばるの行方について、なにか見つけてくれてるでしょうか?

ヒクウネン HP 750、MP 750、EXP 1950、30ゼニー
アンダカ  HP 4000、MP 0、EXP 9000、3000ゼニー

(2005/7/22記)


にほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ
にほんブログ村




posted by chon at 10:54| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

第10回 チェーディーの村

チェーディーの村に行く

チェーディーの村に行く途中の峠道の洞窟の宝をいただいていく事にしました。
レベルも17になったし、ダルバの村で売っているハヌマーンのくつを装備しているので、宝の番をしているギュウメンキにも楽に勝てました。

この ハヌマーンのくつは、装備するとすばやさとぼうぎょが上がります。装備したまま売ると、上がったすばやさとぼうぎょはそのままです。何回もやれるのかどうかは、ためしていません。
なかなか、この段階でお金がたまりませんので。(ハヌマーンのくつは2000ゼニーもする。)

宝は1500ゼニーとクビラのよろい(防御力80)とジオのコイン(ダンジョン脱出)でした。この洞窟もボスを倒すと、モウキは出なくなります。

峠を抜けて、南に行くと、やがて海に面したチェーディーの村がみえてくる。このあたりのモウキも王都の辺りと同じようなものです。

【チェーディーの村】
   宿屋、治療所、雑貨屋、武器屋

ウラーラという魚が名物なのにモウキが灯台に棲みついているせいで漁に出れず、魚が手に入らない。灯台守がウラーラの養殖に取り組んでいるがまだ成功してないらしい。
灯台に棲みついたモウキを退治するしかなさそうです。
灯台守に話しかけると灯台に行く通路を開けてくれます。
灯台の、ボスはリクウンサイというモウキです。ジャトに命じられて灯台を守っているらしい。またもや、ジャトです。

リクウンサイ HP 1800、MP 0、EXP 2176、155ゼニー

リクウンサイを倒すと、おおゆみが手に入る。
灯台守に報告して、養殖の実験用ウラーラをもらいます。
ウラーラは、腐りやすいらしいので、急いで、一旦、王都に戻りましょう。

王宮の台所に持っていくと、早速、フヨウが料理して食べさせてくれる。
はじめ、嫌がってたセイシンジャだけど、食べてみると意外とおいしかったらしく、フヨウが冒険に一緒について行きたいと言い出すと、オレがめんどうみてやるから、あんしんしな、などと言う。フヨウも「さんきゅう」と言ったり、かみしろは「冒険じゃない、人探しだ。」と言い張ったり、料理長がこっちは楽になるけど、お前さん達、お腹こわさないように、などと、なかなかおもしろいやりとりがあります。
ちなみに、フヨウのステータスは、「ユイマンのひめ」になっています。
装備しているゆみを さきほど手に入れたおおゆみに替えました。

(2005/7/19記)


posted by chon at 02:12| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

第9回 コーサラ国王都

ところで、セイシンジャくん、ステータスを見ると、英雄なんですね。
なぜ、セイシンジャくんて呼ぶかというと、そのむかし、電撃○ーパーファミコンというゲーム誌に「まだら幼稚園」という漫画が載っていて、幼稚園児セイシンジャくんがとってもひねてて可愛かったのでそれ以来こう呼んでます。

コーサラ国のイベントは、全部やらなくても先に進めるそうです。
でも、どっちにしろ レベルをかなりあげないと ボス戦で勝てません。
全滅してもゲームオーバーにはなりません。お金も減らないし直前にセーブした街の宿屋でHP半分の状態で気がつきます。旅人が見つけて運んでくれたそうです。
だから どんどん進んでかまわないんですが、やっぱり、全滅って気持ちのいいものじゃないんで、楽勝で気持ち良く行きたいです。
地道なレベル上げを 苦にしないというより好きなんで、ドラクエとか このゲームとか 好きですねえ。

そうだ、王都に行くんでした。
山賊を退治したので、門兵が通してくれます。

お城の人たちも、気さくな感じで、王様も歓迎してくれます。
500ゼニー、ご褒美をもらいました。
王妃さまもねぎらってくれます。
賢者タタラに会いました。
かみしろの顔を見て、何かを感じたようですが、すばるの行方を探しておくかわりにと頼み事をしてきます。
南の島の近くで沈んだ船に積んであった王家の剣を探し出してきてほしいそうだ。
この国の西南の小島のヤムナという村の近くだそうだ。
行くしかないでしょう。

城の外側から入れる台所に料理長とフヨウというお嬢様がいる。
フヨウもまた記憶をなくしている。
なにかの縁があるのかも。
フヨウと料理長に南のチェーディーの村でウラーラという魚を買ってきてと頼まれる。
どうせ、南に行くんだし、引き受けましょう。
フヨウ



(フヨウです)


さて、南に向かう前にコーサラ国でそこそこの装備を整えたいところです。
モウキでお金持ちがあんまりいないんですよね。

峠道は モウキが出なくなりましたけど、途中の洞窟には出るので、そこでレベル上げとお金稼ぎです。

洞窟のモウキ
 名前      HP     MP    EXP    ゼニー   
ユウボウキ    380   360  1586   225
キリイ     1500  1000  2556    48 
ヒンズー     500        1460    20
ムチキ      350         954    16
キガンセキ    350   440  1250   200
ガダルマ     400   400  1100    50
ギュウメンキ   900        1800   134  洞窟のボス

キリイは、めったにでませんが出たら逃げるが勝ちです。まず、このあたりのレベルでは、勝てません。
キリイは、洞窟じゃなく、フィールドで出たような気もしますが、ま いいでしょう。
(2005/7/16記)


posted by chon at 13:18| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

第8回 コーサラ王都〜ダルバの村〜峠道


コーサラ王都〜ダルバの村〜峠道

コーサラの王都は、さすがに大きい、にぎやかな街です。 人々は、親切です。施設もそろっていて、宿屋、治療所、武器屋、雑貨屋、道場、魔術学院、占い屋があります。
このゲームは、親切にできていて、武器、防具、アイテム、魔法など どういう効果があるか、誰が身につけれるか、Lv.が足りているかなどが、表示されます。
魔法は、難しい名称だけど、気にしなくてすみます。
漢字でどう書くのか知りたいので、原作があれば、ぜひ読んでみたいな。
魔法はシャーマン、掌妙勁、霊術、治療の4通りあります。
○シャーマンは、おもに攻撃と状態異常を起こす魔法。
○掌妙勁は、強力な攻撃魔法で、主人公とカオス、マダラなどが使える。賢者のほこらで教えてもらう。
○霊術は、補助魔法で、ボス戦で重宝する。移動魔法のカンライフは、ハクタクしか使えない。
○治療は、名前のとおり。HPの回復、状態異常の回復、重症からの回復。

仲間となる人物は、これからさき増えていきますが、使える魔法の組み合わせも考えて、誰とパーティーを組むか、を決めていかねばなりません。パーティーは、4人です。 いまは、一人っきりですが。
王都で誰か仲間がと期待してたけど、それどころではない様子。
北にミロク帝の塔ができるし、南の峠道に山賊が出るしで王宮へは入れてもらえません。
山賊をやっつけて、手柄を立てたら会わせてもらえそうです。
少しうろついて、レベルをあげて、武器防具も買い換えてと思っていたら、賢者のほこら発見。フイロンを教えてもらった。ただでした。
レベル14になったので、峠道に行きました。 モウキは一段と強くなってます。入っていくらも行かないうちにセイシンジャに出会います。
やはり、目つきも口も悪い(笑)。

feed868e.jpg


仲間になってもらいましょう。あれー、かなりやられてますね。セイシンジャくん、チシノドウキ使えるんだから、回復しようよ。
いったん、もどって、アイテムなど揃えてきましょう。
2人だと、楽でいいですね。 セイシンジャくんは、見かけによらず、治療魔法が得意です。
峠の山賊をさっさとやっつけてしまいましょう。 山賊は、モウキでした。しかも、弱い。 山賊をやっつけると、峠にモウキは出なくなります。 セイシンジャが 奥の洞窟にお宝があると言いますが、行ってみると、何だか強そうなモウキが宝箱の前にいるので 後回しにします。 いったん、王都にもどって、王様とタタラに会うことにしました。
(2005年07月13日記)
posted by chon at 13:18| Comment(0) | ゲームプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。